校章

豊丘村立豊丘南小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-3202 豊丘村神稲3600-1 TEL0265-35-2025 FAX0265-35-6335 email minamisyo@mis.janis.or.jp

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2013 年 12 月 のアーカイブ

2学期終業式

 12月27日(金)に、2学期終業式が行われました。2学期は、登校日数87日で、プールの水が気持ちいい暑い頃から雪の降る寒い時期まで長い学期でした。終業式では、児童代表の4名が、それぞれがんばったことや3学期への課題を発表しました。校長先生は、昨年度の1月に片目を入れただるまを示して、「この1年間大きな事故や怪我、病気が無く、健康で元気に過ごせたことに感謝しましょう。」と話しました。児童の代表がだるまのもう片方の目を入れると、全校から大きな拍手がわき上がりました。校長先生は更に、「それぞれのがんばりもありましたが、それを影で見守って応援してくれている人がいることも忘れないようにしましょう。」と話し、来年もいい年にしましょうと呼びかけました。

        

2学期の思い出の一こまです。

P1000850DSC00884DSC_0706nishio_20131006 (2685)保護者より1カーニバル1

ページの先頭にもどる

金管バンド クリスマスコンサート

 12月25日の休み時間に、金管バンドのクリスマスコンサートが昇降口で行われました。金管バンドでは、この日のために「あまちゃんのテーマ」「どうにもとまらない」「ねらい撃ち」の3曲を練習してきました。当日は、楽器をふりながら動きのある演奏のパフォーマンスに大きな拍手が送られていました。

        

金管2

金管1

動きとリズミカルな演奏に、寒さも忘れて引き込まれました。

ページの先頭にもどる

丘の子クリスマスカーニバル

 12月24日(火)に、丘の子クリスマスカーニバル(児童会祭り)が行われました。4年生~6年生が参加する児童会委員会毎に、全校の友だちが楽しめるアトラクションを考えました。当日は、クリスマスツリーと壁にかざられた電飾の点灯式から始まり、全校のお客さんに、心を込めて準備したアトラクションで楽しんでもらいました。閉会式では、アトラクションのパスポートにある番号で抽選会が行われ、手作りのステッカーがプレゼントされました。この祭りに向けて児童会では、「ハイタッチであいさつをしよう」「廊下を走らないようにしよう」という2つの約束を全校に呼びかけ、明るく落ち着いた学校生活をめざしてがんばってきました。祭りではたくさんの笑顔と相手のことを考えながら楽しむ姿が見られました。大成功の丘の子クリスマスカーニバルになりました。

                

カーニバル2

丘の子レンジャー全員が勢揃いしました。この後、悪い心3兄弟もかけつけました。

          

カーニバル1

イルミネーションが点灯し、雰囲気を盛り上げました。

          

カーニバル3

各委員会が工夫したアトラクションで会場は大にぎわいです。 

            

カーニバル4

どのアトラクションでも、高学年の子どもたちが気持ちよく出迎えてくれました。景品も手作りで、心がこもった会になりました。

 

       

 

ページの先頭にもどる

スケート教室がありました

 12月20日(金)に、1・2年生がスケート教室に行きました。場所は、岡谷市やまびこスケートの森アイスアリーナです。飯田・下伊那では、以前は学校にスケートリンクが作られ体育の時間にスケートをしていました。最近は温かく氷が張らなくなり、スケートリンクをつくる学校はほとんど無くなりました。また、スキー教室やそり教室をする学校も増え、スケート教室に行く学校は少なくなりました。本校では、スケートを是非体験させたい冬のスポーツと考え、1・2年生で年に1回ですがスケート教室を行っています。1年生はほとんどの子どもが初めてのスケートで、始めは立ち上がるのも大変でしたが、午後には滑る楽しさを感じられるようになりました。

      

skate2

午前中は立って歩くことから教えていただきました。

        

skate1

午後になると滑る楽しさを感じることが出来ました。

 

ページの先頭にもどる

習字の先生に教えていただきました

 12月19日・20日に、「豊丘村地域おこし協力隊」の黒田美佳さんが学校支援ボランティアとして習字を教えに来てくださいました。この日は、3年生の2クラスが書き初めの練習をおこないました。始めに黒田先生が書く様子を見て、気をつけることなどを教えていただき、それぞれに練習をしました。みんな真剣に書き初め用紙に向かっていました。

      

DSC01254

黒田先生の書く様子をみんな真剣に見ています。

         

DSC01256

実際に手を取って教えていただきました。

ページの先頭にもどる

丘の子クリスマスカーニバル近づく

 12月24日には、児童会主催の「丘の子クリスマスカーニバル」(児童会祭り)が行われます。17日に児童集会が開かれ、児童会から説明がありました。今年は、抽選番号付きのパスポートが配られ、閉会式の時に「お楽しみ抽選会」が行われます。そのパスポートを受け取るためには、「朝ハイタッチであいさつをしよう」「廊下を走らないようにしよう」の2つが守れることです。早速、次の日の朝から学校中にハイタッチとあいさつの声が響きわたりました。各委員会で、アトラクションを計画していますが、準備も進んでおり当日が楽しみです。

        

 

DSC01245丘の子レンジャー、悪い心3兄弟に加え、「カーニバルレンジャーCa」と「フェスティバルレンジャーFe」も登場し、みんなで協力して「クリスマスカーニバル」を盛り上げようと約束しました。

        

P1010725

悪い心3兄弟も今回は仲良くなってみんなとハイタッチをします。

ページの先頭にもどる

バルーンの返事が届きました

 先日の丘の子バルーンフェスティバルで上げた風船の返事がいくつも届いています。山梨県・東京都・埼玉県・千葉県・茨城県などです。昇降口に地図をおき、返事をいただいた方のすんでいる場所を記入しています。返事をくれたみなさんに、感謝の気持ちでいっぱいです。

バルーン返事  

ページの先頭にもどる

クリスマスツリー

ツリー 昇降口の前に大きなクリスマスツリーが現れました。これから、子どもたちが手作りした飾りがつけられていきます。どんなツリーになっていくのか楽しみです。

 

ページの先頭にもどる

読書旬間

 12月2日~13日まで、「秋の読書旬間」(もう冬ですが…)が行われています。豊丘村では、生まれてから中学卒業までの毎年、誕生日に「誕生日本」が村から贈られます。村を挙げて読書に力を入れてくれています。本校でも、春(5月下旬)、秋(12月上旬)、まとめ(2月上旬)と、年に3回の読書旬間(週間)が行われます。この読書旬間中には、毎日一人2冊本を借りることができます。また、地域のボランティアの「ニコちゃんズ」の皆さんが読み聞かせに来てくれたり、学年を越えた先生たちの読み聞かせがあったり、様々な行事が計画されています。このような活動を通して、いつも身近に本を置いて読書をすることが好きな子どもたちが育っています。

     

ニコちゃんズ「ニコちゃんズ」の方の読み聞かせです。

         

ニコちゃんズ2

1年生 みんな真剣に聞いています。

      

DSC01226

廊下に張り出された先生方の本の紹介コーナー

       

DSC01231

読書旬間中の楽しみな行事の紹介です。

       

tannzyoubi

11月生まれの人への「誕生日本」の贈呈の様子です。村長さんから直接手渡されます。

 

 

ページの先頭にもどる

なかよし月間 集大成 バルーンフェスティバル

 なかよし月間は11月で終わりましたが、そのまとめ(集大成)として、児童会本部の主催で「なかよし集会・バルーンフェスティバル」を12月3日に行いました。当日は、前半、体育館で太鼓クラブの発表やじゃんけん列車のあと「花は咲く」を全校で合唱しました。後半は、校庭に出て、アフリカンダンス「サブニュマ」の皆さんと一緒にダンスを楽しんだ後、子どもたち一人一人の思いを込めたメッセージとともにバルーンを上げました。当日は雲一つ無い青空で、色とりどりの風船が飛んでいく光景は感動的でした。バルーンに使う風船やヘリウムガスは、全校でアルミ缶集めをして購入しました。みんなで仲良くしようという月間のまとめに相応しい会になりました。

    

バルーン1

丘の子レンジャーが登場しオープニングスタート

      

バルーン2

「太鼓クラブ」の皆さんの発表です。

       

バルーン3

全校でじゃんけん列車をして楽しみました。

       

バルーン4

全校で丸くなって「花は咲く」を歌いました。

      

バルーン5

外に出て、アフリカンダンス「サブニュマ」の皆さんとダンスを楽しみました。みんなで一緒に踊りました。

       

バルーン6

いよいよバルーンテイクオフのカウントダウンです。

     

バルーン7

みんなの手から離れた風船が一斉に飛び立ちました。

       

バルーン8

一人一人の願いや夢をのせて空高く風船が飛び立ちました。風船を拾っていただいた皆さんが、豊丘南小まで連絡をいただけるのを楽しみに待っています。

 

      

 

 

ページの先頭にもどる